最近耳にする「Educaton2030」とは? 

Society5.0 よりも最近よく耳にする言葉に「education2030」があります。

OECDが2015年から始めたプロジェクトですが、日本では最近よく聞くようになりました。21世紀型スキルとの相関に興味があります。

OECD Education 2030では、「生き延びる力」を次の3つに分類しています。

  1. 新しい価値を創造する力(Creating new value):
  2. 緊張とジレンマの調整力(Reconciling tensions and dilemmas):
  3. 責任をとる力(Taking responsibility):

教育家庭新聞社が非常に上手に解説しているのでご参考に。

こちらはOECDからの少し難しい文章です。

https://www.oecd.org/education/2030-project/about/documents/OECD-Education-2030-Position-Paper_Japanese.pdf#search=’Education2030′

2019年教育におけるICT利活用推進協議会 第1回

2019年教育におけるICT利活用推進協議会 第1回研究大会

2019JAET前夜祭 11回) 開催趣旨・概要

テーマ:2020年から始まる日本の教育新時代

    〜新学習指導要領に対するICT利活用の動きと課題〜

開催趣旨:

いよいよ日本においてラグビーワールドカップ2019が始まり、日本代表の活躍も期待されています。2020年はオリンピック・パラリンピック東京大会が始まります。そして、小学校においては新学習指導要領に基づく新しい教科書による授業が始まります。

“2019年教育におけるICT利活用推進協議会 第1回” の続きを読む

夏季講習会開催中

暑中お見舞い申し上げます。

Aコースから始まりました夏季講習会ですが多くの皆さまにご参加いただいております。講師として 大学の教授の方々だけでなく、各種メーカーからも製品や使い方について、実際学校現場でICT支援員に役立つノウハウをお伝えしております。

現在の募集は最終コース Eコース のみとなっております。

サテライト会場、東京会場 ともに募集しておりますので、どしどしご応募お待ちしております。

認定講座 夏季講習会 日程変更のおしらせ

事務局より下記講習会の日程変更のお知らせです。

認定講座の夏季講習会のお申込み状況で、各日ご参加者の時間に偏りがあるため、大変恐れ入りますが、全日午後のみの開催とさせていただきます。

午前中をご検討されておりました会員様につきましては個別にお詫びとお願いのご連絡をさせ頂きます。

引き続き、皆様のご参加をお待ちしております。

認定講座 夏季講習会 実施のお知らせ

ICT支援員として働くために必要なスキルを習得し、ICT支援員として就労する際に有利でかつ安心して活動できるために以下の夏季集中講習会を行います。

最短一日の講座および試験でブロンズ認定が取得できます。また最短3日間の講座でシルバーの認定が取得できます。

実施場所は東京の御茶ノ水にある 中央大学駿河台記念館と申し込み状況によってサテライト会場を検討しています。

募集期間は 6月21日(金)~7月19日(金)まで(各50名まで 申し込み順)

お申し込みはこちらから

日程や詳細は以下の通りとなります。

協会設立のご挨拶

謹啓 初秋の候 皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。
さて、この度、新たな協会を令和元年年6月20日に設立させていただく運びとなりました。
これもひとえに皆様の多大なるご支援の賜物と心より感謝申し上げます。
今後は、ますます盛んになる学校教育におけるICTの利活用を支える、ICT支援員の育成やサポート、さらには配備のためのコーディネートほか、様々な活動事例やノウハウの発信・共有を行いより良い教育環境に貢献できるよう努力してゆく所存でございます。

今後とも、尚一層のご指導・ご鞭撻を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

まずは、略儀ながら本ホームページにてご挨拶申し上げます。

謹白

令和元年6月吉日

ICT支援員普及促進協会
代表理事  木村 裕文